一線に赴任するとどうなるの?

警察の仕事
スポンサーリンク

最初は交番勤務

一線に配属になるとまずは交番勤務になります。前にも お話しましたが、最初は実習期間になります。その期間が終了した後、一人前の警察官として交番勤務をすることになります。交番勤務は全警察活動の基本であり、応用であるという、大事な職場です。難しいんですよ。本当は。 普通は知らないので、暇で良さそうだなとか、思う方も多いかと思います。でも本当は交番の仕事が一番大変なんです。それは間口が広いというのと、現場には一人で行くことがあるということがあるということです。またそれは別の機会にお話しします。間口が広いとうことは、交番勤務は警察の全ての事柄を扱うんです。一般の方が警察に来る用事というのは、いろいろです。警察のどの部門が担当するのか、わかりません。でも、その全ての事に対して対応をしなければならないのです。ってことは、警察の全てに対して対応することになるのです。なので、それだけ、いろいろなことを知らなければなりません。難しいでしょ?とはいえ、本当に全てを勉強することはありません。それは無理です。なので、交番は初動措置をすることになるのです。そこで、警察のいろいろなことを勉強するのです。それだけ大事な部署なんです。だから最初は交番勤務になります。

スポンサーリンク

希望で専門分野に異動することもできる

交番勤務をやった後、希望により専門分野である、刑事課、生活安全課、交通課、警備課、警務課、留置管理課などなどに異動することがあります。希望が通る時もあれば、通らない時もあります。私の場合、ほとんど希望は通りませんでした。でも2回だけ、希望通りになったことがありました。まあ希望が通ったら、いわゆる専務ということになります。そうすると刑事課なり、交通課なりの専門の仕事をすることになります。交番では初動措置をやりますが、専務では、その先の仕事をやることになります。ひとつ勘違いしてほしくないのは、専務だから偉いと思っている方がいると思います。それはテレビドラマなどでも、そういう感じで描かれているからというのもあります。でも違うんです。偉くなんてありません。同じ警察官です。ただ、部署が違うというだけなんです。ですから、もし専務に異動したとしても、偉ぶってはいけません。恥ずかしいことですから。まあ、それはおいておいて、中には、ずっと交番、つまり地域課の警察官もいます。それは希望だったり、逆に専務に異動したかったけど、希望が通らなかったりという、いろいろな理由があります。ずっと交番勤務だからといってバカにする人もいますが、それもテレビドラマが悪いんです。そんな風に描いているから。勘違いしないで下さいね。違いますから。専務では、その先の専門分野の仕事をやるので、また新しいことを、いろいろ覚えていく必要があります。それはそれで、楽しいんですけどね。最初は大変です。でも専務をやったあと、また交番になる時があります。その時は、専務をやっている分、その先のことがわかるので、仕事はやりやすくなるのです。だからといって、専務をやっていないからダメだ、ということはありませんから。

専務に異動しても、いつかは交番に異動する

若い時に交番から専務に異動しても、年をとると、またいつかは交番勤務になります。まあ絶対ではありませんが、8割は異動になります。交番じゃなくてもパトカー勤務とか。つまりは地域課です、若い時は交番勤務で徹夜してもあまり大したことはありませんでしたが、年をとってからの交番勤務での徹夜はこたえます・・一生懸命やらなければいけませんが、一生懸命やりすぎると、間違いなく身体を壊します。私が良い例です。なので、無理はしないでやってください。

まとめ

最初は交番勤務から始まり、専務に異動したり、階級が上がればまた違う世界が開けますが、警部補くらいまでだと、この異動を繰り返して終わりという感じです。私も若い頃は、いくつになってもバリバリ現場で仕事するのがカッコいいと思っていましたが、年をとって身体を悪くすると、それができないことに気がつきました。若い時は、そんなこと考えないんです。自分にはできると思っているんです。できる人も勿論いますが、私はダメでした。今思うと、昇任して階級を上げておけば、早期退職をすることもなかったかもしれないと思います。まあわかりませんけどね。なので、選択肢は2つ。現場でバリバリ仕事をするのを選ぶか、階級を上げて、幹部として仕事をしていくか。この二択です。これは、それぞれの考え方なので、どちらが良いとも言えません。ただ、どちらにも共通していることは、警察官だからといって偉ぶることはしてはいけないということです。現場に出て仕事をする時も一般の方に対し、偉ぶってはいけない。幹部になっても、部下に対して偉ぶってはいけない、ということです。幹部というのは階級が上がりますが、人として偉くなったわけではありません。部下を管理し、部下のやった仕事を総括することが仕事です。偉そうに物事を言うのは幹部ではありません。もし、偉そうに言うことが仕事ならば、小学生でもできます。まあ器じゃないってことですね。でも、そういう幹部が多いのは確かです。そんな風にならないで下さい。正義の味方はパワハラもしませんから。

警察スタンプあります!(警察用語、日常会話等々)
各種スタンプありますので、ご覧ください!

警察地域課スタンプ 白猫のミャウ

警察地域課スタンプ 白猫のミャウ - LINE スタンプ | LINE STORE
警察地域課員用のスタンプです! 全国警察の地域課の方、マニアの方へ。 白猫のミャウが 気持ちを伝えます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました