警察学校を卒業した後はどうなるの?

警察の仕事
スポンサーリンク

初任科を卒業すると一人前の警察官

警察学校に入校し、半年から一年の間、全寮制で勉強をしますが、最後に卒業試験があります。卒業試験に合格すると晴れて、卒業となります。長い長い期間が終了すると嬉しい反面不安が出てきます。なぜなら、それまでは制服を着て、外に出るなんてことはなく、警察学校の中だけでしたから、いざ制服で 外に出ると思うと 怖くて仕方ありませんでした。 「何か声を掛けられて、答えらえなかったら どうしよう」とか「いきなり襲ってきたら どうしよう」とか。いろいろ不安でした。とはいえ、その時が来たのですから一人前の警察官として見られているという意識でやりました。しかしながら、やはりわからないことだらけ。外で質問されて わからないことは、後で調べて連絡しますと伝えるようにしました。なんせ、当時は携帯電話なんて ありませんでしたから。今は いつでもどこでも、なんでもすぐ聞けるから 良いですよね。まあ 善し悪しなんですがね。困ったら誰かに聞けばいいやって思われても、あまり成長しません。まあ それは 置いておいて。とはいえ、もう ここまで来たら覚悟するしかありませんので、思い切り勇気を出してやりましょう!って感じで。でも不思議なことに、仕事はわからなくても、段々と慣れてくるんですよね。制服で 外に出ても 何の抵抗もなく 居られる。人によって その期間とかは、違うとは思いますが。

スポンサーリンク

最初は少し恥ずかしい?

卒業して最初は交番勤務になります。交番の仕事の一つに巡回連絡というのがあります。これは、各家庭を訪問して、全員の仕事先や連絡先等を聞いて、何かあった時に参考にするというものです。また警察に対する要望なども聞いて回ります。その巡回連絡をする区域のことを受け持ち区と呼び、それは警察官一人一人に与えられる区域があります。警察学校を卒業して最初は職場実習生という身分になりますので、一人で何かをやることはありません。指導する先輩上司と一緒にやります。とはいえ、それでも、その先輩上司の受け持ちに、女子短大があったりして、巡回連絡の際はそこに制服で訪問に行くのです。それは 結構恥ずかしいですよ?だって、女子短大に若い男の警察官が制服着て入っていくのですから、まあ その視線たるや・・・みーんな私を見ますから。でも、最初は恥ずかしいと思ったのですが、これが慣れちゃうんですよねぇ・・不思議。とはいえ、女子に見られるのは やはり少しは恥ずかしかったかな。それでも段々 そうやって慣れていくのです。まあ最初の職場実習の時は、指導する先輩上司と一緒に行動するので、まだ良いですが・・。個人に受け持ち区が与えられるのは実習が終わってからですから、それまでは一人では行動しません。この実習中に、どんな事件・事故を扱ったか、とか、逮捕したか?とか実習が終わり、もう一度入校した時に、みんな自慢をします。私なんて、なーんも ありませんでしたので、同期の話を聞いて、「へぇ~凄いな・・」と言うばかりでした。でも、ご心配なく。そんなことは どうでもいいのです。長年警察官をやれば、必ず 何かあります。良いことも、悪いことも、たくさんあります。当然、逮捕することも 何度もあります。てか、そんなことを 最初は 良いとして、いつまでも自慢する警察官は、小さい人間です。同期でも、同級生でも、集まったときに、「おれ こんなの逮捕したぜぇ~」とか言うやついますが、ちょっと痛いです。これを読んでくれている方で、これから警察官になろうとしている方は、そんな痛い警察官にならないでくださいね。

最初から仕事ができる警察官なんていない

とにかく、仕事なんてのは、どんな仕事でも一緒だと思いますが経験値が一番です。てか、経験値なくして仕事ができるなんてことはありません。まあ よっぽど頭の良い方なら あるかもですが。私は頭が良いわけでも、賢いわけでもありませんが、長い間の経験値で、いろいろわかるようになりました。みんな そうですから。警察官になって2~3年で、仕事ができるとか、わかるとかってなったら、私の32年は いったい何だったんだという話になります。若い人は その辺も 勘違いしないでくださいね。警察は、ほんとありがたいことに、実習期間がありますから、その期間中に、いろいろなことを積極的に経験するのが良いと思います。というか、しないとダメですね。実習期間だから、先輩上司にやってもらえば いいや という考え方では、成長しません。先輩上司も、実習生が仕事できるとは思っていませんから、できなくて当たり前なんです。それでも、いつも先輩、上司の後ろにいて、見ているだけではダメなんです。わからなくていいから前に出る、ということが大事なんです。大丈夫。何かあれば、先輩上司が助けてくれます。助けないわけにはいかないので、間違いなく助けてくれます。だから前に前に出るようにしましょう。先輩上司が ダメだと言った時は別ですよ。

まとめ

警察学校を卒業した後は、職場実習生とう身分になり、最初から、まるまる一人で外に出ることはありません。でも、いつかは必ず一人で外に出て、一人で仕事をするようになります。大事なことは、素直さと 謙虚さ これは本当の自分を見せましょうってことです。無理に 本当の自分より大きく見せようと 思ったらダメです。先輩上司には 見抜かれます。それより、素直に人の話を聞いたり、謙虚な姿勢でいたりするとそれもまた わかります。その方が 可愛がられます。まあ 結果、得をするってことですね。日々一つずつで 良いので、確実に仕事を覚えていくことが大事です。最初はどんな仕事でも ある程度覚えるまで、大変です。間違いなく 大変です。本当に大変です。でも、みんな 同じ条件で やっているのですから 頑張りましょう!どんな仕事でも、どんなことでも同じですが、全てに共通していることは、仕事を覚える一番の近道は、経験をすることです。お勉強では、ありませんので。何事にも積極的に向かっていきましょう!

警察スタンプあります!(警察用語、日常会話等々)
各種スタンプありますので、ご覧ください!

警察地域課スタンプ 白猫のミャウ

警察地域課スタンプ 白猫のミャウ - LINE スタンプ | LINE STORE
警察地域課員用のスタンプです! 全国警察の地域課の方、マニアの方へ。 白猫のミャウが 気持ちを伝えます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました