本当にあった事件簿

一般人の前で威張りたい上司

それは ある所に 天皇陛下が来る時、警察では警衛という警備をします。警衛を実施するために、所轄で機動隊を編成し、出動しました。その現場で 小隊長が起こした とんでもないことについて書きました。こんな幹部では 困ります・・
本当にあった事件簿

本当にあった警察のホラー??な話

これは本当にあった警察のホラーな話です・・・私が 仕事中 怖いと思った出来事です。本当に怖かった・・ああ 怖かったんだな と言う気持ちで ご覧下さい。
本当にあった事件簿

仕事できない同期で課長の話

それは夜の110番から始まった。現場に着いた私は、そこで公務執行妨害の被害者となる。その時に、私から被害者調書をとったのが、同期の地域課長だった。こいつが機動隊と所轄を行ったり来たりする異動ばかりで、調書の取り方も知らない。それでも、できないと思われたくないのだろう、始めたはいいが、いつまで経っても終わらない。さあ、結局どうなったのか!?
スポンサーリンク
本当にあった事件簿

ちっちゃいチビ(同い年の先輩)

とある警察署に勤務していた時、同い年の先輩がいました。その先輩は背が小さいのですが、声と態度は人一倍大きい人でした。まあ、いろいろな人に嫌われていたようで、同期の人がつけたあだ名が「ちっちゃいチビ」でした。この人も 人を馬鹿にするのが大好きな人でした。だから嫌われていたんですね。
本当にあった事件簿

勤務中不倫相手に会うため管轄外まで行く先輩の話

田舎の駐在所勤務の先輩警察官が不倫をしていて、その相手に会う為に夜警らという勤務中に警察署の管轄外に住む相手の家まで制服のまま自家用車で行ったという お話です。やってること全てが悪いことです。
本当にあった事件簿

ある警察幹部の話2

ある雨の日交番での当直勤務で起きたこと、足が滑ってバイクが転倒してしまった。次の日の朝礼で警察幹部が、言った言葉が酷いものだった!
本当にあった事件簿

本当にあったパワハラの話

ある当直の朝、熱を計ると38度。地域課長に休暇の申請をするも、却下。結局フラフラになりながら当直勤務をやったのでした。まさにパワハラ以外の何物でもありません。今思い返しても、ひどい話だと思います。今でも、似たようなことはあると思います。威張りたいやつが多い職場です。
本当にあった事件簿

初めての独身寮(昔の話です)

警察学校を卒業すると独身寮に入る 長い警察学校初任科を卒業すると、晴れて一線に配属になります。その時、どこに住むのか? 普通は独身寮です。とはいえ、その所属によっては独身寮がなく、官舎を使う所属もあります。 今では時代も変わっているので、アパート等もあるでしょう。私は公私の区別をつけたいタイプでしたので、独身寮なんて最悪、本当に嫌でした。
便利グッズ

現場で使えるレーザー距離計

警察の仕事における、現場は、早期臨場早期離脱が基本です。現場で実施する実況見分等は、なるべく時間短縮をしたいですよね。そんな時間短縮グッズとして、このレーザー距離計は、威力を発揮します。制服のポケットに入れておくと、とても便利です!
本当にあった事件簿

スーパー警察官の話

その警察官を スーパー警察官と呼ぶ理由があります。その警察官は駐在所勤務の巡査部長。どんなことも、嫌な顔ひとつせずに やる。まさに警察官の鏡である。そんなスーパー警察官の お話です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました