現場で使えるレーザー距離計

レーザー距離計 便利グッズ
レーザー距離計
スポンサーリンク

レーザー距離計は超便利グッズ

レーザー距離計って知っていますか?

知らない人も多いのではないでしょうか。

警察の仕事において、距離を測ることは本当に数多くあります。

主なものとしては、現場における実況見分が多いでしょう。

刑事関係であれば盗難事件現場における実況見分、交通関係であれば交通事故、違反現場における実況見分で、これは屋外も屋内もあります。

だいたい屋外の広い範囲ですと、通称コロコロ というローラーを転がして距離を測るウォーキングメジャーというものがポピュラーだと思います。確かに便利です。大昔は巻き尺で計測していましたので、それに比べると、一人で計測できるので各段便利です。また屋内であれば、

作業用の小さいメジャーを使用して計測するのがほとんどです。

もちろん それでも全然良いのですが、正確に計測するのは面倒くさい時があります。

基本は、それで良いと思います。

それを基本として、レーザー距離計も持っていると、その幅が広がります。

スポンサーリンク

どんな時に便利なのか?

はっきり言って、天候の良い昼間は、あまり使えません。

スイッチを押すと、レーザーが照射され、その照射した所との距離を計測するので、どこに照射されているか、わからない日中では、正確な距離は計測することは難しいと思います。

もっとも、大きな壁に照射する、などといった場合は、ほぼズレることもない状態で、計測できる時もあるかと思います。

ところが、これが夜間になると、レーザーの赤く光る箇所が、わかりやすくなるため、とても使えます。

長い距離を計測する時など、ウォーキングメジャーで計測する時は、いちいち、その距離を歩かなければなりません。しかし、このレーザー距離計なら、歩かなくてもスイッチをピッピッ と2回押すだけで、計測できるのです。

こんな便利なものはありません。

また室内であれば、だいたいレーザーが、どこに照射されているか、わかるので、ほぼ使えます。

車の車内でも使えます。

これは超速で計測ができます。しかも正確。

単に距離を計測するだけではない

というのは、なんと三平方の定理までもできるのです。

わかりますか?

直角三角形の二辺がわかっている時に、もう一つの辺を、わざわざ計測しなくても、計算で割り出すということです。

が、この計算を勝手にやってくれます。必要な二辺を計測すれば、勝手に計算するんですよ?

凄くないですか?

これは、直接計測できない状況の時に、使うと、とても便利です。

実際に、どのように使用したか?

私が現職の時は、常にポケットに入れておき、使えそうな時は、すぐ使っていました。ほんと便利でしたから。

特に、一番活躍したのは。夜間の駐車禁止場所の大量の駐車違反の取り締まり時、標識からの距離を一台一台計測しなければなりません。もちろん、他にも写真撮影やらなにやら、いろいろありますので、省略できるものは省略したいのです。そこで、このレーザー距離計が大活躍。標識までの距離なんてピッ ピッ ですよ。

ハイ次―!てな感じで、時間短縮できました。

あとは、先にも書いたように、屋外の見分の時、昼間はダメでしたが、夜間は、凄い威力を発揮しました。

これも、いちいち歩かなくて良いという、時間短縮になりました。

更には、屋内は昼間でも使えたので、ほんとに時間短縮になりましたね。

まとめ

とにかく、一度使ったら、やめられない位の便利グッズです。現職警察官で、今使っていない方が居るのでしたら、是非一台、ポケットに入れておくと、良いと思います。

レーザー距離計もピンキリで、安いものから高いものまで、いろいろありますが、私のものは、最大計測距離が70m位だったと思います。実際、70mの距離を測ることも、そんなになかったかなと思うので、安いもので40m位のものでも、無いよりは あったほうがいい、という感じでしょうか。

お金に余裕のある方は お高いやつを どうぞ。

ということで、今回は、レーザー距離計について お話しました。決して回し者ではありませんが、私が実際に使っていて、本当に便利だと思ったので、この記事を書きました。

現場で、レーザー距離計を使っていると、ちょっと格好良い感じです。

あなたも是非!ほんと おススメです!

警察ラインスタンプあります!ご覧ください!

警察無線用語等 白猫のミャウ - LINE スタンプ | LINE STORE
警察の無線用語や専門用語を集めたスタンプです。 警察官の方、マニアの方へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました